母は大腸がん 〜娘のブログ〜

直腸がん発見から手術後のことまで書いていきます。
<< 直腸ガンの大きさ | main | 手術前の抗がん剤 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
入院する
東京都内の某大学病院に入院することに。

他の科に優秀な先生がいたことからそこに通っていたので、検査してもらったが、
検査してすぐ入院となると、さすがにガンという病気である故、知識も治療法もどんな先生が診てくれるのかもわからないから、徐々に不安が募っていった母。

昔、ガンで亡くなる少し前の状態の方と会う機会が結構あったそうで・・・
抗がん剤の副作用のために、食欲減退、吐き気などで、やせ細っていって体力消耗して、
亡くなる方をみているので、
自分もそうなるのではないか?と、とても不安だったらしい。

だから、安保先生(本をたくさん出されています)の免疫力についてかかれた本を私が買っていったりして、化学物質を使わない治療法がいいと言ったりしていた。
病院で最期を迎えるより、ホスピスとかでのんびり過ごしたい、とかも言っていた。

ガンだとわかってから、周りにガンだった人がいなかったり、映画やドラマのイメージだけでガンを捉えていたので、実際知識をつけたり、情報を得るのが大変だったな。

父は本を読まないしネットもできない。
当の母は病院。もちろん図書館もネットもない(ネットできない)。
今は、病院でもネットができる環境のところがあるが、入院先はそういう設備はなかった。

私たち子供がいろいろ調べた。
本で、ネットで、仕事をあがると、本屋が開いている時間なら本屋へ、帰宅してからはネットでひたすら調べる。
それが毎日で、結構キツイ。

けど、ガンは情報戦ともいわれる。時間を惜しんではいられないの。

大好きな母には、絶対治ってほしい!!!!
不安になりながら、よく一人で泣いてた私。

でもきっと、病院にいる母の方が、すごくすごく不安だったろうと思う。
あまり人に迷惑をかけたくない、という性格なので、あまり弱音を吐かないけれど・・。
| daikichiblsm | 病状の経緯 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:11 | - | - |









http://mamagagan.jugem.jp/trackback/3
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 検索
Google
 
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE